LANXESS worldwide

Corporate Website en | de

Interactive Worldmap

Find all the contact information for the LANXESS sites worldwide

find out more
お問い合わせ worldmap

ドイツ本社よりCEOマティアス・ツァハトが来日、記者説明会を開催しました

ランクセスは4月19日に都内ホテルにて記者説明会を開催し、CEOのマティアス・ツァハトが2015年の業績発表と「新ランクセス」について発表しました。

2015の業績についてはこちらをご覧ください

Hondaの新型燃料電池自動車「CLARITY FUEL CELL」に

ランクセス(LANXESS)が展開する軽量化素材が、このたび、本田技研工業株式会社(以下、Honda)が本年3月より販売を開始した新型の燃料電池自動車(以下、FCV)「CLARITY FUEL CELL(クラリティ フューエル セル)」に採用されました。

詳細はこちら

生活に彩りを与えるランクセスのコンクリート着色

ランクセスの無機顔料は、屋根、壁、道路、人工芝、積層床材など、建築材料として世界中で幅広く使用され、美しい意匠を作り出しています。その用途例と採用実績を是非ご覧ください。

詳細はこちら

サルティゴ、おかげさまで創立10周年

ランクセスの子会社「サルティゴ」は、2016年4月1日に設立10周年を迎えました。サルティゴは、レバクーゼンに本社を置き、2006年の設立以来、化学活性成分および中間体の受託製造専門会社として、順調な道を歩んでまいりました。

詳しくはこちら

化学をもっと身近に

生活の中での化学の活躍や、化学企業としての取り組みなど、化学をより身近に感じていただけるよう様々な視点から化学の世界をご紹介します。購読登録(サブスクライブ)をしていただいた方には、新しいウェブマガジンの掲載をメールでお知らせいたします。

ウェブマガジンはコチラから

ランクセス、サウジアラムコ社との合弁により世界を牽引する合成ゴム会社を設立

ドイツの特殊化学品メーカーのランクセス(LANXESS)とサウジアラビアの国営石油会社のサウジアラムコ社は、9月22日、合成ゴムの合弁会社を設立することで合意書に調印しました。ランクセスとサウジアラムコ社の子会社であるアラムコ・ オーバーシーズ・カンパニー社は、出資比率各50%で合弁会社(2014年度売上高:約30億ユーロ)を設立します。 債務およびその他の財務上の負債を控除の後、サウジアラムコ社は、持ち分の50%となる約12億ユーロを出資します。これにより、合弁会社の市場価値総額は27億5,000万ユーロとなります。

詳細はこちら

ランクセス、「ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・ワールド・インデックス」の 構成銘柄に5年連続で選定

ランクセスは、このたび、2015年9月21日付の「ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・ワールド・インデックス(以下、DJSI World)」の構成銘柄に5年連続で選定されました。この世界的に定評あるサステナビリティ・インデックスは、財務に重要な影響を及ぼす環境、社会、コーポレートガバナンス要素に基づいて、年1回構成銘柄を選定しています。

Read more

ランクセス、本年度も東北復興支援の一環として小学生を対象に「化学実験教室」を宮城県内で開催

公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン(本部事務所:東京都千代田区、以下SCJ)の協力のもと、東北復興支援の一環として、宮城県・東松島市と石巻市で小学生を対象にした化学実験教室「つくってあそぼ!わくわく実験教室」を開催しました。今回の実験教室は、夏休みの期間を利用し、8月7日(金)に東松島市野蒜小学校放課後児童クラブおよび同市あおぞら(大塩)放課後児童クラブ、さらに8月8日(土)には石巻市子どもセンターにおいて、地元の小学一年生から六年生までの計52名の児童が参加して行われました。ランクセスが東北復興支援の一環として、宮城県内で化学実験教室を開催するのは、昨年に続き、今年が2回目となります。

詳細はこちら
記者説明会を開催しました

Hondaの新型燃料電池自動車「CLARITY FUEL CELL」に

生活に彩りを与えるランクセスのコンクリート着色

サルティゴ、おかげさまで創立10周年

                                                                                     

化学をもっと身近に

ランクセス、サウジアラムコ社との合弁会社設立

DJSI Worldの構成銘柄に5年連続で選定

「化学実験教室」を宮城県内で開催

東北復興支援の一環として

Note
Noted pages
Send