LANXESS worldwide

Corporate Website en | de

Asia

EMEA

Americas

お問い合わせ

2021-08-27

ランクセス、ドイツ・マンハイム拠点における潤滑油業界向け、極圧添加剤の製造能力を拡大

  • 潤滑油業界向け極圧添加剤の製造能力を2023年までに拡大
  • ドイツ・マンハイム拠点で数千万ユーロを投資
「アディティン®(Additin®)EP」ブランドで販売されているランクセスの淡色硫黄系極圧添加剤は、主に金属加工用潤滑剤に使用されています。無色無臭の極圧添加剤が金属表面の摩耗を軽減し、金属間の凝着を防止します。この製品は、生態毒性学的優位性と、現代の金属加工プロセスにおいて優れた性能を提供いたします。(写真:ランクセスAG)

ドイツの特殊化学品メーカー、ランクセス(LANXESS)は、ドイツのマンハイム拠点において淡色硫黄系極圧添加剤の製造能力を数千トン増強します。このたびの設備拡張は、市場における需要増に応じたもので、投資額は数千万ユーロを予定し、2023年始めには稼働を開始する予定です。

 

ルブリカントアディティブス(LAB)ビジネスユニットの責任者であるマーティン・ゼーヴェは、次のように述べています。「現在、工業用途向け潤滑油の分野における硫黄系極圧添加剤の市場は変化しています。当社は、変化する市場に適した製品ポートフォリオを提供し、お客様の新たな市場開拓や成長をサポートしてまいります。ランクセスは、この製造能力拡大によって、極圧添加剤の市場におけるリーダーシップを強化し、世界的な市場での成長機会によりビジネスの拡充に活かしてまいりたいと思います」

 

摩耗の低減と冷間溶接の防止

ランクセスは、「アディティン®Additin®EP」というブランド名で淡色硫黄系極圧添加剤を販売しています。これら無色無臭の極圧添加剤は主に金属加工潤滑剤に使用されます。金属表面の摩耗を低減し、高圧などの過酷な条件下でも金属表面の凝着を防止します。

 

「アディティン®Additin®EP」製品は主に、菜種油やそのエステル誘導体のように、ドイツ国内で調達された再生可能原料をもとに製造されています。淡色硫黄系極圧添加剤は、生態毒性学的優位性を有するため、中鎖塩素化パラフィンのような化学物質の代替として浸透しつつあります。中鎖塩素化パラフィンは、環境残留性および生物蓄積性が高く、欧州化学物質庁(ECHA)において高懸念物質(SVHC)としてリストに分類されています。

 

ランクセスの潤滑油添加剤ビジネスは、潤滑油製品に配合される塩素化パラフィンのような物質を高性能で環境に優しい硫黄系極圧添加剤に代替しようとしている顧客に、技術的な専門知識を提供してきた長い実績があります。

 

 

潤滑油添加剤事業ポートフォリオについての詳細は、以下のURLにてご確認いただけます。www.lab.lanxess.com

 

#            #            #

 

 

これは、ドイツ・ケルンで810日に発表されたリリースをもとに、ランクセス株式会社が発表したものです。

この原文(英語)は、以下のURLにてご参照下さい。 http://www.press.lanxess.com

 

ランクセスについて

ランクセスは、世界33カ国で事業を展開する大手特殊化学品メーカーです。2020年の総売上は61億ユーロにのぼり、全世界の従業員数は約 14,800人です。主な事業は、中間体、添加剤、特殊化学品及びプラスチックの開発、製造とマーケティングです。ランクセスは、持続可能性に優れた企業を選定する「ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックス」のワールド・インデックス(DJSI World)、ヨーロッパ・インデックス(DJSI Europe)および「FTSE4Good」の構成銘柄です。

ランクセスについての詳細は同社URLにてご確認下さい。

www.lanxess.co.jp

 

本件に関するお問い合わせ先

ランクセス株式会社 コーポレートコミュニケーションズ

TEL : 03-5293-8006 FAX : 03-5219-9773

lanxess.japan@lanxess.com

 

免責について (Forward-Looking Statements)

本プレスリリースには、ランクセスの予測、見解、期待、そして第三者からの引用を含む、予測・予定事項の記述がございます。様々な既知あるいは予測不能なリスク、不確定要素、またその他の要因により、実際に発生する結果、財務状態、発展及び業績が、本資料に記載の予測・予定事項と大幅に異なる可能性があります。本資料に示される将来予測に関する意見の正確性や進展が実際に起こりえるかどうかに関しても責任を負うものではありません。ここに示されたいかなる情報、予測、推定、目標、意見に関して、明示的あるいは黙示的な表明や保証を行うものではありません。そのため、これらの記述につきまして、本資料の記載事項に全面的に依存されることは控えて頂きますようお願いします。本資料に示したいかなる脱漏、誤った記述に関しても責任を負いかねます。また、この資料を使用することによる直接的あるいは間接的に生じる事項に関して、ランクセスとその関連会社、役員、責任者、従業員は一切の責任を負いかねますので、併せてご了承いただきますようお願い申し上げます。

 

その他の情報

ランクセスのニュースリリースは www.lanxess.co.jp プレスリリース項目よりご覧ください。また、役員およびその他の写真は http://photos.lanxess.com(英語)より入手いただけます。ランクセスの動画および音声、ポッドキャストについては下記をご覧ください。http://globe360.net/broadcast.lanxess/(英語)

 

ランクセスのウェブマガジンは下記でご覧いただけます。

https://webmagazine.lanxess.com/ja/日本語

 

ランクセスのTwitterFacebookLinkedinYouTubeの公式ページは下記サイトをご覧ください。

http://www.twitter.com/LANXESS_JP(日本語)

http://www.facebook.com/LANXESS英語

http://www.linkedin.com/company/lanxess英語

http://www.youtube.com/lanxess英語

 

(2021-0810J)

  • Gallery