LANXESS worldwide

Corporate Website en | de

Asia

EMEA

Americas

Interactive Worldmap

Find all the contact information for the LANXESS sites worldwide

find out more
お問い合わせ

すべての人々に手ごろで信頼でき、持続可能かつ近代的なエネルギーへのアクセスを確保する

将来的には再生可能でクリーンなエネルギーが主流となるでしょう。しかし、今はまだ、そのようなシステムが出来上がっているわけではありません。エネルギー消費の増加やエネルギー革命に対する悲観的な予測を考慮すると、太陽光などの再生可能なエネルギー源をより重点的に使用していく必要があります。

太陽光エネルギーを技術的に利用する方法は様々です。太陽光発電に対し、太陽熱発電所(CSP)は、熱と蒸気の力を借りて電気を発生させます。CSPオペレーターの約90%は、いわゆるトラフ式太陽熱発電システムに依存しており、その多くで熱安定性と耐久性に優れたランクセスの熱伝導媒体Diphyl
が評価されています。例えば、アンダルシアの電力発電所「Arenales」では、約2,200トンのDiphyl循環する吸収管に、放物面鏡で太陽光を集めます。熱交換器を経由するDiphylは加熱され、蒸気を発生させるために使用されます。そして、蒸気タービンを介して、スペインのおよそ5万軒の家庭に、環境に優しい電気を供給しています。

 

Promotion of renewable energy (英語)

Renewable raw material as supplier for energy (英語)