LANXESS worldwide

Corporate Website en | de

Asia

EMEA

Americas

Interactive Worldmap

Find all the contact information for the LANXESS sites worldwide

find out more
お問い合わせ

2019-12-18

ランクセス、3Dプリンティング向けの高性能樹脂を提供

  • 一般家庭、オフィス、小売といった管理制御されていない環境下での3Dデスクトッププリンティング
  • より危険度の低い有害性区分
  • より容易な加工、カスタマイズされたゲル特性、生産性の向上
フットウェア業界は、3Dプリンティング技術の主要なユーザーで、ミッドソール、アッパー、および、かかとやつま先などの構造用部材に利用しています。LFプレポリマーは印刷可能な樹脂に配合する際に幅広い柔軟性を備えるため、3Dプリンターによる大量生産のカスタマイゼーションを促進します。(写真:ランクセスAG)

ドイツの特殊化学品メーカー、ランクセス(LANXESS)は、3Dプリンティング(アディティブ・マニュファクチャリング)用の樹脂に配合できる次世代の低遊離(LF)イソシアネート ウレタンプレポリマーの提供を開始しました。 さらに、3Dプリンティングの企業複数社と協業し、この樹脂の製造を開始しています。 「アディプレン® (Adiprene®) LF pPDI(パラフェニレンジイソシアネート)」プレポリマーをベースにしたこれらの高性能樹脂は、加工が容易で、製造メーカーのみならず一般家庭、オフィス、小売においても高い安全性を確保します。

 

フットウェア業界向けの高性能樹脂

 

フットウェア業界は、3Dプリンティング技術の主要なユーザーで、ミッドソール、アッパー、および、かかとやつま先などの構造用部材に利用しています。フットウェアの部材は、非常に柔らかいエラストマーとより硬いエラストマーの両方が必要な設計になっています。 LFプレポリマーは印刷可能な樹脂に配合する際に幅広い柔軟性を備えるため、クッション用の非常に柔らかいエラストマーから構造上必要な部材まで様々な硬度で印刷することが可能となります。それによって、3Dプリンターによる大量生産のカスタマイゼーションを促進します。 

 

これらの部材の性能においては、高い曲げ強度と幅広い使用温度が重要です。「アディプレンLF pPDI」プレポリマーは、優れた低温・高温耐性、強靭性、および、化学薬品と摩耗に対する耐性を提供すべく設計されています。150で最大6週間の耐久性という高度な品質保持性能によって、例えば運動靴は、高温の車内でも劣化せずに長期間保管できます。加えて、より高い曲げ疲労耐性、および、マイナス20までの低温曲げ性能はフットウェアの部材としてのメリットを発揮します。

 

ランクセスは、他の化学物質(LF MDILF HDIなど)を用いた3Dプリンティング用のウレタンプレポリマーも提供しています。 これらのエラストマーは、光学的透明性、屋外での使用に適した紫外線安定性・加水分解耐性や、表面の瑕疵の発生除去といった特殊な性能を有します。

 

 

容易な加工とより高い生産性

 

デスクトップ3Dプリンティングの一般的なユーザーは、生産性を高めるために、シンプルで使いやすい樹脂を求めています。 そのため、樹脂は室温で液体、あるいは低融点(40未満)であり、また、非常に低い粘度(3000 cP未満)でなければなりません。 1液系(1K)の樹脂は、調合や混合の必要がなく、機器に直接挿入することができます。

 

高性能LF pPDIプレポリマーは、容易な加工、生産性の向上を目的として、より低い粘度に設計することができます。 LF技術により、インクの反応性を制御でき、それによって3DプリンターがPUシステム(1K2K、または3K)をカスタマイズする柔軟性が生まれます。生産性向上のためにゲル化時間を調整することも可能です。ユーザーは、樹脂を硬化させることなく数日間安定に保ち、かつ、使用時には数秒で硬化を引き起こすことができるのです。

 

「アディプレンLF pPDI」プレポリマーは、室温で硬化させるか、あるいは、紫外線と熱の両方を使用する二重硬化系に配合することもできます。 LFプレポリマーで作られた印刷可能な樹脂はより高い安定性、より良い表面仕上がりを実現するとともに、必要なポストキュアが最少となるように設計できるため、生産性をさらに向上させます。

 

優れたユーザー安全性

 

企業は、化学物質の取り扱いに精通していないユーザー(特に、一般家庭、オフィス、小売といった管理制御されていない環境)向けに最も安全な素材を求めています。 LF技術により、危険有害性区分の低さが極めて重要となるような場合の3Dデスクトッププリンティングが可能となります。 「アディプレンLF pPDI」プレポリマーの残留イソシアネート量は0.1%未満であるため、危険有害性区分における危険性は低下し、ユーザーを潜在的な暴露から保護します。

 

LF技術の重要な利点

 

ランクセスのウレタンシステムズビジネスユニットは、低遊離(LF)イソシアネートウレタンプレポリマー(残留イソシアネート含量0.1%未満)の開発において業界をリードしています。 LF技術は、精確に制御できるポリマー形態を生み出し、その結果、結晶性ハードセグメントとアモルファスソフトセグメントの間に高度に構造化された相分離をもたらします。 この化学構造によって、物理特性は向上し、加工は容易になり、配合後のウレタンシステムはより危険性の低い危険有害性区分となります。

 

 

ランクセスは、低遊離(LF)イソシアネートのpPDIベース・プレポリマーシステムを提供する唯一のメーカーであり、グローバルな製造能力を有し、顧客の固有のニーズに適した迅速な製品カスタマイゼーションを提供しています。


 

#            #            #

 

これは、ドイツ・ケルンで1111日に発表されたリリースをもとに、ランクセス株式会社が発表したものです。

この原文(英語)は、以下のURLにてご参照下さい。 http://www.press.lanxess.com

 

ランクセスについて

ランクセスは、世界33カ国で事業を展開する大手特殊化学品メーカーです。2018年の総売上は72億ユーロにのぼり、全世界の従業員数は約 15,500人、世界中に60の拠点を展開しています。主な事業は、中間体、特殊化学品、プラスチックの開発、製造とマーケティングです。ランクセスは、持続可能性に優れた企業を選定する「ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックス」のワールド・インデックス(DJSI World)、ヨーロッパ・インデックス(DJSI Europe)および「FTSE4Good」の構成銘柄です。

ランクセスについての詳細は同社URLにてご確認下さい。 www.lanxess.co.jp

本件に関するお問い合わせ先

ランクセス株式会社 コーポレートコミュニケーションズ

TEL : 03-5293-8005 FAX : 03-5219-9773

lanxess.japan@lanxess.com

 

免責について (Forward-Looking Statements)

本プレスリリースには、ランクセスの予測、見解、期待、そして第三者からの引用を含む、予測・予定事項の記述がございます。様々な既知あるいは予測不能なリスク、不確定要素、またその他の要因により、実際に発生する結果、財務状態、発展及び業績が、本資料に記載の予測・予定事項と大幅に異なる可能性があります。本資料に示される将来予測に関する意見の正確性や進展が実際に起こりえるかどうかに関しても責任を負うものではありません。ここに示されたいかなる情報、予測、推定、目標、意見に関して、明示的あるいは黙示的な表明や保証を行うものではありません。そのため、これらの記述につきまして、本資料の記載事項に全面的に依存されることは控えて頂きますようお願いします。本資料に示したいかなる脱漏、誤った記述に関しても責任を負いかねます。また、この資料を使用することによる直接的あるいは間接的に生じる事項に関して、ランクセスとその関連会社、役員、責任者、従業員は一切の責任を負いかねますので、併せてご了承いただきますようお願い申し上げます。

 

その他の情報

ランクセスのニュースリリースは www.lanxess.co.jp プレスリリース項目よりご覧ください。また、役員およびその他の写真は http://photos.lanxess.com(英語)より入手いただけます。ランクセスの動画および音声、ポッドキャストについては下記をご覧ください。http://globe360.net/broadcast.lanxess/(英語)

 

ランクセスのウェブマガジンは下記でご覧いただけます。

https://webmagazine.lanxess.com/ja/日本語

 

ランクセスのTwitterFacebookLinkedinYouTubeの公式ページは下記サイトをご覧ください。

http://www.twitter.com/LANXESS_JP(日本語)

http://www.facebook.com/LANXESS英語

http://www.linkedin.com/company/lanxess英語

http://www.youtube.com/lanxess英語

 

(2019-00107J)

  • Gallery