LANXESS worldwide

Corporate Website en | de

Asia

EMEA

Americas

Interactive Worldmap

Find all the contact information for the LANXESS sites worldwide

find out more
お問い合わせ

2011-09-21

ランクセス、水処理用膜ろ過エレメントの製造プラントを新設

イオン交換樹脂「レバチット」との相乗効果で水処理ソリューションを一括で提供可能に

ドイツの特殊化学品メーカーのランクセス(LANXESS)は、2011916日、ドイツのザクセン・アンハルト州のビターフェルド拠点において、膜ろ過エレメント*1の製造プラントを新設しました。新製造プラントには、世界中の顧客に逆浸透膜(RO*1用のエレメントを即使用可能な状態で納品するために、最先端の施設に研究室、物流区域、事務棟が設置されています。

 

ビターフェルド拠点における膜ろ過エレメントの製造は、大規模なパイロットおよび開発段階を経て2011年第4四半期に開始されます。最初のRO膜エレメントの販売は、2012年初頭の予定です。旺盛な需要と計画的な生産規模の拡大に伴い、今後2年以内に新プラントにおける従業員数は50名を見込み、最終的に200名となる予定です。この新プラント建設により、ランクセスは水処理向けの製品ポートフォリオの拡大を図ります。

 

膜ろ過エレメントの製品群は、「レバブレン(LewabraneTM)」の商標名で販売されます。これにより、ランクセスは、イオン交換と膜ろ過の両製品群の専門知識と製品を提供できる市場で数少ない企業の1つとなります。

 

ROとイオン交換技術は組み合わせて利用されることも多く、相乗効果により最適な精製結果をもたらします。イオン交換樹脂ビジネスユニットの責任者であるジャン-マルク・ヴェセルは次のように述べています。「ランクセスの数十年間にわたるイオン交換樹脂の実績に基づき、将来、お客様に包括的な脱塩ソリューションを提供するため、膜技術の新分野に参入することが非常に重要であると考えています」

 

水のろ過技術の発展

膜は浮遊粒子や溶解粒子のバリアとして使用することができます。溶液が圧力をかけられ膜を通る時、除去すべき粒子の大きさに応じて、(粒径の大きい順に)精密ろ過(MF)、限外ろ過(UF)、ナノろ過(NF)に分かれ、逆浸透とは区別されます。逆浸透を採用することで、個々の分子またはイオンがそれぞれ供給流から除去されます。こうした点で、 RO膜には、「脱塩」効果があります。これはランクセスが市場をリードする製品と幅広い用途実績を持ち、グローバル市場で活躍している、イオン交換樹脂による脱塩処理に類似します。

 

逆浸透は、水処理分野において特に急成長している有望市場です。RO膜用途の主な例は、汽水の脱塩処理による発電用途への利用が挙げられます。その他の工業用途としては、マイクロチップ製造時の脱塩と粒子除去の工程での使用が挙げられます。これらの用途において、RO膜過程はしばしばイオン交換と組み合わされ超純水を供給します。また、その他の有望な用途分野として、海水や排水の脱塩が挙げられます。膜は、通常、除去率(給水からの塩除去率)と処理能力値または生産性(透過水量または単位時間単位面積当たりの処理可能量)で分類されます。

 

膜エレメントの製造  多段階プロセス

エレメントは、複数の個別層から成る薄膜コンポジット(TFC)の製造からスタートします。ポリエステルの不織布(薄さ:90100μm)は、ポリスルホン支持層(4060μm)と活性ろ過層(0.1μm)の基材として機能します。活性ろ過層はポリアミドから成り、高度な複合被覆プロセスによって作られます。これらのRO膜は平坦なシートとして用意され、その後、自動巻き取り機によって、スパイラル型エレメント(デバイス)に組立てられます。スパイラル型エレメントは、供給液を膜表面に供給し、透過水(ろ液)を採集します。最終の組立て後、ROエレメントは、長さ40インチ(約1m)×直径8インチ(約20cm)の標準サイズになります。このようなエレメントの活性膜の表面積は、約400平方フィート(約37平方メートル)になります。RO膜エレメントは、高透水量で、99.7%の高除去率を備えています。この透水量は、原水給と前処理システム設計により変化します。各ROエレメントの品質は、国際試験法および国際規格に従って、エレメント試験機で管理、計量されます。

 

技術とエンジニアリング

「レバブレン」エレメントの製品群には、直径8インチと4インチの膜エレメントがあります。今後も、新たな顧客ニーズに応えるために製品群をさらに拡大します。膜は、クロスフロー方式(接線流ろ過、TFF)によって機能します。給水の大半を膜面に対して垂直に流し、ろ過する(デッド・エンドろ過)システムでなく、ろ過膜の表面に接線方向の水流を作ります。この方式によりは、ファウリングを最小限にし、膜のクリーニングやメンテナンスが必要になるまでの期間を引き延ばし、より長い運転時間を得ることが可能となります。

 

お客さまがランクセスの新しいRO膜ろ過デバイスを最大限に活用できるよう、「レバブレン」膜システムの性能を最適化するカスタムエンジニアリング・デザインのソフトウエアを提供します。この新しいソフトウエアは、現在のイオン交換樹脂「レバチット®Lewatit®)」の計算ソフトウエアの拡張版として用意されます。水処理設計者は、同じデザインパッケージ内で全てをRO デザインからイオン交換樹脂デザインに切れ目なく移行することができます。このソフトウエアは、「レバブレン」の販売と同時に、2012年初頭に入手可能となります。「このソフトウエアはランクセスの幅広い水処理製品ポートフォリオのメリットを、お客さまご自身の価値創造につなげる事を可能にします」と、ジャン-マルク・ヴェセルは強調しています。

 

イオン交換樹脂ビジネスユニットは、世界中に約500名の従業員を擁し、その内の300名がドイツにて従事しています。イオン交換樹脂ビジネスユニットは、パフォーマンスケミカルズ部門(2010年売上高:197,800万ユーロ)に属しています。

 


*1 逆浸透膜とは、圧力を利用して水に溶解している物質を分離する水処理膜です。その膜をエレメントと呼ばれる形状に組み立ててから圧力容器に入れ使用します。


#            #            #

 

これは、ドイツ・レバクーゼンで916日に発表されたリリースをもとに、ランクセス株式会社が発表したものです。

この原文(英語)は、以下のURLにてご参照下さい。 http://www.press.lanxess.com

 

 

ランクセスについて

ランクセスは、世界30カ国で事業を展開する大手特殊化学品メーカーです。2010年の総売上は71億ユーロにのぼり、全世界の従業員数は約 15,800人、世界中に46の拠点を展開しています。主な事業は、プラスチック、合成ゴム、中間体、特殊化学品の開発、製造とマーケティングです。ランクセスは、持続可能性に優れた企業を選定する「ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・ワールド・インデックス(DJSI World)」および「FTSE4Good」の構成銘柄です。ランクセスについての詳細は同社URLにてご確認下さい。www.lanxess.co.jp

 

免責について (Forward-Looking Statements)

このニュースリリースには、ランクセス経営陣による現在の仮定と今後の予測に基づく記述があります。既知あるいは未知の各種リスクや不確定性、その他の要素により、本頁に記載された予測と弊社の今後の総合売上高、財務状況、業績の数字が異なる場合があります。弊社は、ニュースリリースの記載事項を更新、もしくは今後の出来事や進展状況に合わせ、内容を変更する義務はないものとします。

 

その他の情報:

ランクセスのニュースリリースは www.lanxess.co.jp プレスリリース項目よりご覧ください。また、役員およびその他の写真は photos.lanxess.com (英語)より入手いただけます。ランクセスの動画および音声、ポッドキャストについては下記をご覧ください。corporate.lanxess.com/en/media/audio-video/ (英語)ランクセスのウェブマガジンは下記でご覧いただけます。

webmagazine.lanxess.com (英語)

 

(2011-00177J)