LANXESS worldwide

Corporate Website en | de

Asia

EMEA

  • Austria

  • Belgium nl

  • Czech

  • France fr

  • Hungary

  • Italy it | en

  • Netherlands nl | en

  • Poland

  • Russia ru | en

  • Serbia

  • Slovakia

  • Spain

  • Turkey

  • United Arab Emirates

  • United Kingdom en

Americas

お問い合わせ

2021-09-24

ランクセス、耐加水分解性とレーザー透過性を兼ね備えた新PBTコンパウンド製品群を発表

  • PBT製のスワール制御アクチュエータハウジングを製造可能に
  • レーザー透過溶着法を用いて製造
  • 高温多湿の条件下での高い耐久性
  • 優れた寸法安定性
レーザー透過性の「PBTポカンB3233HRLT」とレーザー吸収性の「PBTポカンB3233HR」は、メカトロニックスワール制御アクチュエータのハウジングの製造に使用されます。(写真:ランクセスAG)

ドイツの特殊化学品メーカー、ランクセス(LANXESSは、高温多湿の条件下での高い耐加水分解性と、レーザー透過溶着に適した良好なレーザー透過性を兼ね備えた新しいポリブチレンテレフタレート(PBT)コンパウンドを発表しました。PBTはこれまで、この2つの特性の両立は難しいとされてきましたが、ランクセスでは、これらの特性を兼ね備えたPBTコンパウンド製品群の開発に成功しました。例えば、様々な大量生産の用途において既に使用されている「ポカン®Pocan®B3233HRLT」は、スワール制御用のメカトロニックアクチュエータのハウジングの製造に使用可能です。ドイツ南部に拠点を置く自動車メーカーでは、ディーゼルエンジンシリーズの幾つかにこのタイプのアクチュエータが装備されています。これらのアクチュエータは、フランスのオルベにあるソゲフィ・エア・アンド・クーリング社によって開発・製造されています。同社は、イタリアのソゲフィS.p.A社の傘下にあり、ソゲフィ グループは、車両用のフィルターシステム、フレキシブルシャーシコンポーネント、吸気およびエンジン冷却システムにおける世界有数のプロバイダーです。

 

費用対効果の高い生産プロセス

ランクセスのハイパフォーマンスマテリアルズ(HPM)ビジネスユニットのアプリケーション開発専門家であるジャンマリー・オリヴェは、次のように述べています。 「ランクセスのPBTコンパウンドが選ばれているのは、車のボンネット内の高温・高湿度環境にも持ちこたえるという理由からです。この素材には、反りが少なく、寸法安定性が高いという特徴もあり、それは、コンパクトなハウジングの複雑な形状に理想的な特性なのです」 また、この素材は、黒く着色された場合でもプラスチックのレーザー透過溶着に通常用いられる光波長範囲においては高い透過性を有しています。「これによって、ハウジング部品の安定的かつ効率的な溶着が保証されるのです」

 

優れたテスト結果

「ポカンB3233HRLT」の高温多湿環境下での抜群の耐久性は、SAE/USCAR-2 Rev. 6長期試験で実証されています。この試験は、米国自動車技術者協会(SAE)が定めた基準に従って実施され、プラスチックの耐加水分解性に関する世界で最も厳格な試験のひとつです。

完成部品は、最大100%の相対湿度環境下で、激しい温度変化に繰り返し何度も暴露されます。「類似の条件下で実施された検査標本試験では、ランクセスのコンパウンドはクラス3の要件を満たし、125°Cまでの温度に耐えることができます」とオリヴェは述べています。

 

電気・電子機能の小型化に合致したレーザー透過溶着法

レーザー透過溶着法は、熱可塑性プラスチックで作られたコンポーネントの接合方法のひとつです。この方法は、非常に小さく形状が複雑なコンポーネントの、費用対効果が高く環境に優しい生産法として理想的で、電気・電子機能の小型化というトレンドに合致しています。この手法ではレーザー光のエネルギーを利用します。レーザービームは、レーザー透過性のコンポーネントを通過し、その下にある2層目のコンポーネント(通常は黒色顔料で着色)によって吸収されます。この吸収で生じた熱が、2層目のコンポーネントの表面を溶融します。次に、熱伝導によって1層目のコンポーネントの表面が柔らかくなり、これにより2層のコンポーネントの間に強力な溶着シームが形成されるのです。アクチュエータの場合、レーザー透過部分は黒色に着色されたレーザー透過性の「ポカンB3233HRLT」で作られ、ハウジングのレーザー吸収側は、「ポカンB3233HR」で作られています。

 

最適化された燃焼プロセス

スワール制御アクチュエータは、燃焼エンジンのエアマネジメントシステムの一部です。このアクチュエータは、吸気モジュールへの空気供給を制御すると同時に、十分な乱気流を確保するという役割を担っています。これは、燃焼プロセスの最適化を助け、エンジン効率を高める上で重要な役割を果たしており、最終的には、高燃費、低燃料消費量につながります。

 

#            #            #

 

これは、ドイツ・ケルンで93日に発表されたリリースをもとに、ランクセス株式会社が発表したものです。

この原文(英語)は、以下のURLにてご参照下さい。 http://www.press.lanxess.com

 

ランクセスについて

ランクセスは、世界33カ国で事業を展開する大手特殊化学品メーカーです。2020年の総売上は61億ユーロにのぼり、全世界の従業員数は約 14,800人です。主な事業は、中間体、添加剤、特殊化学品及びプラスチックの開発、製造とマーケティングです。ランクセスは、持続可能性に優れた企業を選定する「ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックス」のワールド・インデックス(DJSI World)、ヨーロッパ・インデックス(DJSI Europe)および「FTSE4Good」の構成銘柄です。

ランクセスについての詳細は同社URLにてご確認下さい。

www.lanxess.co.jp

 

本件に関するお問い合わせ先

ランクセス株式会社 コーポレートコミュニケーションズ

TEL : 03-5293-8006 FAX : 03-5219-9773

 

lanxess.japan@lanxess.com

 

免責について (Forward-Looking Statements)

本プレスリリースには、ランクセスの予測、見解、期待、そして第三者からの引用を含む、予測・予定事項の記述がございます。様々な既知あるいは予測不能なリスク、不確定要素、またその他の要因により、実際に発生する結果、財務状態、発展及び業績が、本資料に記載の予測・予定事項と大幅に異なる可能性があります。本資料に示される将来予測に関する意見の正確性や進展が実際に起こりえるかどうかに関しても責任を負うものではありません。ここに示されたいかなる情報、予測、推定、目標、意見に関して、明示的あるいは黙示的な表明や保証を行うものではありません。そのため、これらの記述につきまして、本資料の記載事項に全面的に依存されることは控えて頂きますようお願いします。本資料に示したいかなる脱漏、誤った記述に関しても責任を負いかねます。また、この資料を使用することによる直接的あるいは間接的に生じる事項に関して、ランクセスとその関連会社、役員、責任者、従業員は一切の責任を負いかねますので、併せてご了承いただきますようお願い申し上げます。

 

その他の情報

ランクセスのニュースリリースは www.lanxess.co.jp プレスリリース項目よりご覧ください。また、役員およびその他の写真は http://photos.lanxess.com(英語)より入手いただけます。ランクセスの動画および音声、ポッドキャストについては下記をご覧ください。http://globe360.net/broadcast.lanxess/(英語)

 

ランクセスのウェブマガジンは下記でご覧いただけます。

https://webmagazine.lanxess.com/ja/日本語

 

ランクセスのTwitterFacebookLinkedinYouTubeの公式ページは下記サイトをご覧ください。

http://www.twitter.com/LANXESS_JP(日本語)

http://www.facebook.com/LANXESS英語

http://www.linkedin.com/company/lanxess英語

http://www.youtube.com/lanxess英語

 

(2021-0903J)

  • Gallery