LANXESS worldwide

Corporate Website en | de

Asia

EMEA

Americas

Interactive Worldmap

Find all the contact information for the LANXESS sites worldwide

find out more
お問い合わせ

2011-05-31

ランクセス、日独交流150周年記念事業について発表

  • 『日独交流150周年』の公式スポンサーに就任
  • 若い才能ある音楽家の育成支援を行う『サイトウ・キネン・フェスティバル松本』への協賛
  • 「環境対応型車社会を推進する技術イノベーション」をテーマに、『LANXESS Rubber Day』を日本初開催

ドイツの特殊化学品メーカーのランクセス(LANXESS)の日本法人 ランクセス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:ペーター・ワインマール)は、日独交流150周年、並びに当社ビジネスの成長を踏まえ、本年の主な取り組みについて発表いたします。


当社はこれまで、80年以上にわたり日本において、合成ゴムならびにプラスチックなどの特殊化学品の分野で広く活動を行ってまいりました。特に昨今では、世界におけるメガトレンド、すなわち車社会化、水処理、都市化、農業(食料)の分野における需要増により、日本におけるビジネスは順調に伸びております。


日独交流150周年を迎える本年、日本におけるビジネスをさらに加速すべく、下記の記念事業を実施し、本年度の営業活動とともに積極的に取り組んでまいります。

  1. 『日独交流150周年』の公式スポンサー  (2011年通年)
  2. 『サイトウ・キネン・フェスティバル松本』への協賛 (2011年~2013年)
  3. 『LANXESS Rubber Day』~合成ゴムの未来を語るシンポジウム~  (2011年11月)


ランクセス株式会社 代表取締役社長 ペーター・ワインマールは、「2011年はドイツと日本にとって記念すべき年となります。日独交流150周年において、ランクセスが公式スポンサーとして参加できることを大変光栄に思います。当社は特殊化学品メーカーとして、世界をリードするプレミアムソリューションを日本市場に提供してまいりました。今後も日本において持続的なコミットメントをお約束し、今後も皆様のパートナーとしてお役にたてるよう努めてまいります。それが、日本市場における成功の重要な基盤となると信じています」と、述べています。

 

<2011年度の主な取り組みについて>
■『日独交流150周年』公式スポンサー
期間: 2011年1月~12月
実施内容:

  • ドイツ大使館との各種イベントにおける協力。
  • 10月に予定されるドイツフェスティバルにおけるバナー、行灯、ポスターへのロゴ掲載。パフォーマンススポンサーとしての露出。
  • 年間を通じて各種記念式典への参加。


「日独交流150周年」内容
ドイツと日本の交流の歴史は150年前にさかのぼります。1860年秋に、プロイセン(現在の北ドイツからポーランドの西部にかけての地域を統治していた王国)の東方アジア遠征団が現在の東京である江戸に到着し、翌年1月24日に日本と修好・通商・航海条約を結びました。この条約はその後の長年にわたる両国の友好関係の礎となりました。 本年1月、皇太子殿下ご臨席の下、ベルント・ノイマン連邦首相府国務大臣(文化・メディア担当)も出席し、外交関係樹立150周年記念式典が開催されました。さらに8月にはドイツロックフェスティバル、10月には東京でのドイツフェスティバルなど、大規模な行事が計画されています。

 

 

■『サイトウ・キネン・フェスティバル松本』への協賛
長野県松本市で毎年行われる「サイトウ・キネン・フェスティバル松本」のプログラムの一つである「青少年のためのオペラ」を、本年より3年間にわたり単独スポンサーとして協賛いたします。当社が日本で音楽イベントの支援を行うのは、今回が初めてです。海外においては、CSR活動の一環として「教育」をテーマに掲げ、「Young Euro Classic (YEC)」、シンガポールにおける「SNYO (the Singapore National Youth Orchestra)」など、世界各国での支援を行ってまいりました。今後は日本においても、若い才能ある音楽家を育てる支援を継続的に行ってまいります。


協賛内容: 「青少年のためのオペラ」スポンサー契約(2011年から3年間)
開催日(2011年): 8月30日(火)、31日(水)
開催場所: 長野県松本市
実施内容:

  • 3年間のスポンサー活動を通じて若い才能ある音楽家を支援。
  • 「青少年のためのオペラ」への子供たちの招待。


今後、スポンサーとしてサイトウ・キネン・フェスティバルの公式プログラムへの社名・ロゴの掲載、ウェブサイト、広告等への社名掲載などが予定されています。

 

 

■『LANXESS Rubber Day』 ~合成ゴムの未来を語るシンポジウム~
本年、初めて日本において「LANXESS Rubber Day」を開催いたします。
ランクセスは、2009年に、合成ゴムの誕生100周年を記念して、ドイツ・ケルンにてサイエンティフィック・コロシアムを開催しました。政府関係者、学術関係者をはじめ、400名にのぼるゴム業界関係者が招待され、合成ゴムの技術イノベーションと未来について講演・パネルディスカッションが行われました。このシンポジウムを皮切りに、合成ゴム業界の未来を語るプラットフォームとして「LANXESS Rubber Day」を立ち上げ、2010年には、中国、ブラジル、インドにて開催されました。


当社はさかのぼること1909年に合成ゴムを発明した企業であり、全種類のタイヤへ合成ゴムを提供する世界有数のサプライヤーでもあります。


期日: 2011年11月21日(月) 
テーマ: 環境対応型車社会を推進する技術イノベーション(予定)

  • 次世代のモビリティ、自動車関連分野、環境関連動向、合成ゴムの持続可能性、合成ゴムの技術イノベーション、未来に向けた最先端の研究等
  • 業界関連、関係省庁、学術関連、業界団体などから多彩な講演者、パネリストを招致

 

ランクセスについて:
ランクセスは、世界30カ国で事業を展開する大手特殊化学品メーカーです。2010年の総売上は71億ユーロ にのぼり、全世界の従業員数は約 15,500人、世界中に46の拠点を展開しています。主な事業は、プラスチック、合成ゴム、中間体、特殊化学品の開発、製造とマーケティングです。ランクセスについての詳細は同社URLにてご確認下さい。www.lanxess.com (英語)


ランクセス株式会社について:
ランクセス株式会社は、ドイツに本社を置くランクセスグループの日本法人として、関連会社のラインケミージャパンと共に、国内で13のビジネスユニットを展開しています。主な事業として、世界の生産拠点から化学品を輸入し、幅広い製品群を自動車、タイヤ、IT、電機・電子製造など、日本のさまざまな業界に向けて販売しています。東京・丸の内に本社をおき、豊橋、姫路に事業所をおいています。ランクセス株式会社についての詳細は同社URLにてご確認下さい。www.lanxess.co.jp


免責について (Forward-Looking Statements):
このニュースリリースには、ランクセス経営陣による現在の仮定と今後の予測に基づく記述があります。既知あるいは未知の各種リスクや不確定性、その他の要素により、本頁に記載された予測と弊社の今後の総合売上高、財務状況、業績の数字が異なる場合があります。弊社は、ニュースリリースの記載事項を更新、もしくは今後の出来事や進展状況に合わせ、内容を変更する義務はないものとします。


その他の情報:
ランクセスのニュースリリースは www.lanxess.co.jp の”プレスリリース”項目よりご覧ください。また、役員およびその他の写真は photos.lanxess.com (英語)より入手いただけます。ランクセスの動画および音声、ポッドキャストについては下記をご覧ください。http://corporate.lanxess.com/en/media/audio-video/ (英語)ランクセスのウェブマガジンは下記でご覧いただけます。
http://webmagazine.lanxess.com/ (英語)


(2011-J00010J)