LANXESS worldwide

Corporate Website en | de

Asia

EMEA

Americas

Interactive Worldmap

Find all the contact information for the LANXESS sites worldwide

find out more
お問い合わせ

2016-02-24

ランクセス、ミュンヘンで開催される「BAUMA(バウマ)2016」に出展

ドイツの特殊化学品メーカー、ランクセス(LANXESS)は、ドイツ・ミュンヘンで2016年4月11日~17日に開催される「BAUMA(バウマ)2016*」に出展します。このたびの展示では、無機顔料がどのようにして建築物やインフラを、その卓越した恒久的色彩で着色するかを展示します。この有数の国際展示会において、ランクセスは販売代理店のハロルド・ショルツ・アンド・カンパニー(Harold Scholz & Co.)GmbHとともに、高品質で世界的に実績ある無機顔料製品群を紹介します。

*BAUMA(バウマ)は、3年に1度ドイツ・ミュンヘンで開催される国際建設機械・建設資材製造機械・建設用車両などの専門見本市です。 

 

幅広い製品群を揃えた「バイフェロックス®(Bayferrox®)」酸化鉄顔料(40以上の色相)および「カラーサーム®(Colortherm®)」酸化クロム顔料は、都市の中心部をカラフルで魅力的にする役割を果たしています。これらの製品群を使用することで、例えば、現場打ちコンクリート、プレキャストコンクリート製品、コンクリート屋根瓦、舗装ブロック、さらにはアスファルトなど多岐にわたる建設材料に、趣があり、安全で着色後の耐久性に優れたデザイン効果をもたらします。

 

往来の多い場所向けの着色コンクリート

 

ランクセスの「カラーコンクリートワークス」の取り組みは、以前から建築家、都市計画の専門家、建築会社などにインスピレーションを与えています。その一例として、ドイツ・オスナブリュックのローゼンプラッツにおける都市再開発プロジェクトが挙げられます。同プロジェクトの一環として着色コンクリートが使用されたことで、デザイン、外観、機能を最適に融合させることに貢献しました。

 

ローゼンプラッツ(バラの広場)は、交通量が膨大な上、多車線の高速道路が集中利用しているため、地名の由来がもはや反映されていない状態となっていました。時とともに、以前のバラの花壇は徐々にくすんだ味気ないアスファルトとコンクリートに取って代わっていったのです。イエロー・ズィ・アーバニズム・アーキテクチャー(yellow z urbanism architecture)社の建築家オリバー・ボーマン氏と、ラド+ラントシャフツアーキテクトゥール・ディークマン(lad+ Landschaftsarchitektur Diekmann)社の景観設計の専門家マーティン・ディークマン氏は、ついに「バラの広場」を蘇らせ、一層魅力的にするデザインによってその解決を図りました。

 

主要なデザイン要素の1つは、4色の異なるピンクの色相の「バイフェロックス」顔料によって着色されたコンクリート舗装でした。不規則な間隔で植えられた樹木、植樹帯、全体的に着色された車道が、一般的に交通区域で見られる単調な景観を打破することになりました。その結果、デザインと技術を同時に実現したドイツでの好事例となりました。この道路の配色は極めて独特のものですが、2層コンクリート舗装工法によってトラックの通行が多い国道に課される厳しい機械的要求を満たしています。

 

このプロジェクトの詳細は、「Rosenplatz, Osnabrück」(ローゼンプラッツオスナブリュック)の事例研究でご覧いただくことができます。また、この3月には「BAUMA 2016」出展を機に、ランクセスの出版物「カラーコンクリートワークス」シリーズの最新版が9カ国語で発行されます。インターネットからダウンロードしていただけるほか、印刷物をご希望の方は、info@bayferrox.comまでご注文ください。

 

着色コンクリートを使用した比類ない建築物に関する全ての事例が下記URLでご覧いただくことができます。

 

www.colored-concrete-works.de (英語)

www.ccw.lanxess.co.jp (日本語) 

また、同サイトで製品用途、技術サービスなどの情報もご覧いただけます。

 

ランクセスの無機顔料ビジネスユニットは、世界最大の酸化鉄顔料メーカーであり、酸化クロムをベースにした無機顔料の有数のメーカーです。同ビジネスユニットは、ランクセスのパフォーマンスケミカルズ部門(2014年度売上高:22億ユーロ)に属しています。

 

ドイツ・オスナブリュックのローゼンプラッツ(バラの広場)は、ランクセスの出版物「カラーコンクリートワークス」シリーズ(2016年3月発行)の最新の事例研究です。多車線の高速道路の主要デザインとして、建築家は「バイフェロックス」酸化鉄顔料によって様々なピンクの色相で着色されたコンクリートを路面に使用することを決定しました。その色彩によって、この広場はその地名の由来を蘇らすことができました。さらに、そのデザインは広場を高速道路としての機能を維持しながら、再び時間を過ごすのに魅力的な場所としての役割を果たします。

 

(写真:ランクセスAG)

 

#            #            #

 

これは、ドイツ・ケルンで2月15日に発表されたリリースをもとに、ランクセス株式会社が発表したものです。

 

この原文(英語)は、以下のURLにてご参照下さい。 http://www.press.lanxess.com

 

ランクセスについて:

 

ランクセスは、世界29カ国で事業を展開する大手特殊化学品メーカーです。2014年の総売上は80億ユーロにのぼり、全世界の従業員数は約 16,300人、世界中に52の拠点を展開しています。主な事業は、プラスチック、合成ゴム、中間体、特殊化学品の開発、製造とマーケティングです。ランクセスは、持続可能性に優れた企業を選定する「ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックス」のワールド・インデックス(DJSI World)および「FTSE4Good」の構成銘柄です。

 

ランクセスについての詳細は同社URLにてご確認下さい。

 

www.lanxess.co.jp

 

 

本件に関するお問い合わせ先:

 

ランクセス株式会社 コーポレートコミュニケーションズ

TEL : 03-5293-8005 FAX : 03-5219-9773

lanxess.japan@lanxess.com

 

 

免責について (Forward-Looking Statements):

このニュースリリースには、ランクセス経営陣による現在の仮定と今後の予測に基づく記述があります。既知あるいは未知の各種リスクや不確定性、その他の要素により、本頁に記載された予測と弊社の今後の総合売上高、財務状況、業績の数字が異なる場合があります。弊社は、ニュースリリースの記載事項を更新、もしくは今後の出来事や進展状況に合わせ、内容を変更する義務はないものとします。

 

 

その他の情報:

ランクセスのニュースリリースは www.lanxess.co.jp の”プレスリリース”項目よりご覧ください。また、役員およびその他の写真は webmagazine.lanxess.com (英語)

 

 

ランクセスのTwitter、Facebook、Linkedin、Youtubeの公式ページは下記サイトをご覧ください。

www.twitter.com/LANXESS_JP (日本語)

http://www.linkedin.com/company/lanxess(英語)

http://www.youtube.com/LANXESSTV(英語)

 

 

(2016-00013J)

 

 

 

  • Gallery