LANXESS worldwide

Corporate Website en | de

Asia

EMEA

Americas

Interactive Worldmap

Find all the contact information for the LANXESS sites worldwide

find out more
お問い合わせ

2018-05-30

ランクセス、ドイツ・ヴュルツブルクの「電気・電子用途のプラスチック会議」に出展

顧客と密接に連携し、ニーズに応える

  • 新しいハロゲンフリーの難燃性を備えたポリアミドおよびポリエステル
  • ランクセス、高い熱安定性を備えたポリアミドコンパウンドについて講演

ドイツの特殊化学品メーカーのランクセス(LANXESS)は、ドイツ・ヴュルツブルクのマリエンベルク要塞で65日から6日に開催される南ドイツプラスチックセンター(SKZ)主催の「電気・電子用途のプラスチック会議」に今年も出展します。同展示会には、 ヒューズボックスからドライヤーまで多岐にわたる製品が展示されます。ランクセスは、主にハロゲンフリーの難燃性を備えたポリエステルおよびポリアミド、そして、熱安定性を備えたポリアミドを展示します。また、ランクセスのハイパフォーマンスマテリアルズ(HPM)ビジネスユニットの専門家による熱安定性を備えたポリアミドをテーマにした講演も行います。さらに、コンポーネント開発におけるあらゆる段階で電気・電子業界(E&E)のお客様をサポートする特別なサービスについても紹介します。HPME&E営業部門の責任者である、マーク・マールバッハは、次のように述べています。「ランクセスの広範な製品群は電気・電子業界の世界規格に準拠しているため、当社の開発における専門知識によって、顧客のニーズに応えることができます。当社は、お客様と連携し、今後のE&E業界におけるブレークスルーを後押しする新しい素材と技術の開発に取り組んでいます」

 

非常に高い難燃性と熱老化耐性を備える

E&E用途向けに製造された、ハロゲンフリーの難燃性を備えたポリエステル「ポカン® (Pocan®) BFN」シリーズに、非強化バージョンと25%までガラス繊維で強化された製品を最近追加しました。全ての製品は、UL94米国安全検査規格)規格に準じた難燃性テストで最高となるV-0 (試験片0.4 ミリ以下)の評価を受けています。また、これらの製品は、熱老化耐性にも優れています。したがって、相対温度は、UL746B熱劣化試験で140以上を示しています。さらなる強みとして、高い耐紫外線性、優れたトラッキング耐性、そして金属接触に対して低腐食性を備えています。非強化の「ポカンBFN2502」は、ハロゲンフリーの難燃性を備えるだけでなく、7%以上の高い引張破壊ひずみも示します。HPMの用途開発のアレクサンダー・ラデックは、次のように述べています。「この流動性が高い素材は、特に、電気絶縁性を永久的に保持しながら、寸法安定性の維持を必要とするコンポーネントに適しています」また、強化されたコンパウンドの注目すべき点は、IEC 60695-2-13に準拠したグローワイヤーテストにおいて、試験片で卓越した結果を獲得し、さらに、IEC 60695-2-11に準拠したテストにおいても完成部品で優れた結果を得ました。開発製品は、無人家電(炎なし)向けのIEC 60335-1に準拠した、より厳しいグローワイヤーテストに合格する可能性を持っています。

 

着色が容易 — 赤リン非含有の難燃性パッケージ

「デュレタン®Durethan®FN04」シリーズのハロゲンフリーの難燃性を備えたポリアミド6とポリアミド66コンパウンド(PA6PA66)は、ガラス繊維を25%から45%含有しています。これらは、長期の熱安定性と、特に高いトラッキング耐性を備えています。これらの難燃性パッケージは、赤リンを含有しないため着色が容易です。優れた製品例として、45%のガラス繊維で強化されたポリアミド6デュレタンBKV45FN04」は、UL94難燃性テストにおいて最高となるV-0 (試験片0.4 ミリ以下)の評価を受けました。高い流動性を備える構成素材は、高電圧下で優れたトラッキング耐性を示します。ラデックによると、「非常に優れた強度と寸法安定性は、構造コンポーネントにおいて理想的な素材であり、熱硬化性樹脂およびダイカスト金属の代替品として優れています

 

熱安定性を備えるPAコンパウンドに関する講演

HPMのポリアミド製品開発の専門家であるトーマス・リンダーは、「高温用途向けのポリアミドコンパウンド『デュレタン』」のテーマで講演を行い、1部では、高温用途向けのPA6PA66コンパウンドにおける違いを説明します。2部では、特にE&Eコンポーネント向けに開発されたXTS3などの「デュレタン」向けの熱安定化システムを説明します。これらのシステムは、金属およびハロゲン化合物を必要としないため、金属と接するコンポーネントにおいても接触腐食を最小限に抑えます。リンダーの講演の3部では、新しいXTS2の安定性システムを説明します。このシステムによって、230までの温度下でPA66コンパウンドの持続的な使用が可能になります。リンダーの講演は、201865日、11:20から開始します。(現地時間)

 

 

#            #            #

 

 

これは、ドイツ・ケルンで516日に発表されたリリースをもとに、ランクセス株式会社が発表したものです。

この原文(英語)は、以下のURLにてご参照下さい。 http://www.press.lanxess.com

 

 

ランクセスについて

ランクセスは、世界25カ国で事業を展開する大手特殊化学品メーカーです。2017年の総売上は97億ユーロにのぼり、全世界の従業員数は約 19,200人、世界中に74の拠点を展開しています。主な事業は、中間体、特殊化学品、プラスチックの開発、製造とマーケティングです。また、ランクセスは、サウジアラムコ社との合弁会社ARLANXEO(アランセオ)を通して、合成ゴムを提供するリーディングサプライヤーです。ランクセスは、持続可能性に優れた企業を選定する「ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックス」のワールド・インデックス(DJSI World)、ヨーロッパ・インデックス(DJSI Europe)および「FTSE4Good」の構成銘柄です。

ランクセスについての詳細は同社URLにてご確認下さい。

www.lanxess.co.jp

 

本件に関するお問い合わせ先

ランクセス株式会社 コーポレートコミュニケーションズ

TEL : 03-5293-8005 FAX : 03-5219-9773

lanxess.japan@lanxess.com

 

免責について (Forward-Looking Statements)

本プレスリリースには、ランクセスの予測、見解、期待、そして第三者からの引用を含む、予測・予定事項の記述がございます。様々な既知あるいは予測不能なリスク、不確定要素、またその他の要因により、実際に発生する結果、財務状態、発展及び業績が、本資料に記載の予測・予定事項と大幅に異なる可能性があります。本資料に示される将来予測に関する意見の正確性や進展が実際に起こりえるかどうかに関しても責任を負うものではありません。ここに示されたいかなる情報、予測、推定、目標、意見に関して、明示的あるいは黙示的な表明や保証を行うものではありません。そのため、これらの記述につきまして、本資料の記載事項に全面的に依存されることは控えて頂きますようお願いします。本資料に示したいかなる脱漏、誤った記述に関しても責任を負いかねます。また、この資料を使用することによる直接的あるいは間接的に生じる事項に関して、ランクセスとその関連会社、役員、責任者、従業員は一切の責任を負いかねますので、併せてご了承いただきますようお願い申し上げます。

 

その他の情報

ランクセスのニュースリリースは www.lanxess.co.jp プレスリリース項目よりご覧ください。また、役員およびその他の写真は http://photos.lanxess.com(英語)より入手いただけます。ランクセスの動画および音声、ポッドキャストについては下記をご覧ください。http://globe360.net/broadcast.lanxess/英語

 

ランクセスのウェブマガジンは下記でご覧いただけます。

https://webmagazine.lanxess.com/ja/(日本語)

 

ランクセスのTwitterFacebookLinkedinYouTubeの公式ページは下記サイトをご覧ください。

http://www.twitter.com/LANXESS_JP(日本語)

http://www.facebook.com/LANXESS英語

http://www.linkedin.com/company/lanxess英語

http://www.youtube.com/lanxess英語

 

(2018-00032J)

  • Gallery