LANXESS worldwide

Corporate Website en | de

Asia

EMEA

Americas

Interactive Worldmap

Find all the contact information for the LANXESS sites worldwide

find out more
お問い合わせ

2016-04-01

サルティゴ、設立10周年 – 盤石な基盤をもつ強固な企業

  • 世界有数の受託製造会社に発展
  • 過去10年間の投資総額は約3億6,000万ユーロ
  • 約6,000万ユーロを投資し、2017年末までにレバクーゼン拠点を増強
  • 2016年4月1日付けでトルステン・デアが新マネージング・ディレクターに就任

ドイツの特殊化学品メーカー、ランクセス(LANXESS)の完全出資子会社で、受託製造会社のサルティゴは、2016年4月1日に設立10周年を迎えました。サルティゴは、レバクーゼンに本社を置き、2006年の設立以来、化学活性成分および中間体の受託製造専門会社として、順調な道を歩んでまいりました。設立10周年を迎えるにあたり、前マネージング・ディレクターであるヴォルフガング・シュミッツは、次のように述べています。「サルティゴの実績ある専門性は、精密化学業界において高い評価を獲得しており、さらには社員一丸となったコミットメントと団結力によって、様々な困難な時期を乗り越えてまいりました」

 

 

サルティゴは農薬、医薬品、精密化学品産業における約150社の顧客企業に製品を提供しています。これらの主な製品には、作物保護剤向けの活性成分および中間体、医薬品、多岐にわたる用途向けの化学品(実績ある虫除け剤の活性成分「サルチジン®(Saltidin®)」など)があります。

 

 

サルティゴは、世界中に約1,200名の従業員を擁し、レバクーゼンとドルマーゲンの製造拠点内の計10の製造施設において、年間最大150社の顧客企業のためのプロジェクトを行っています。サルティゴが提供するサポートは、新製品の上市段階だけでなく、製品サイクルの複数の段階に及びます。サルティゴは、実績ある合成プロセスを導入しており、必要あるいは可能であれば、サルティゴのプラントで最適化されます。こういった最適化がサルティゴと顧客企業の成功に大きな役割を果たしているのです。ヴォルフガング・シュミッツは、次のように述べています。「お客様にとって、サルティゴのプロセス開発と最適化における長年の経験は、多くの競合相手との差別化を可能にしています」

 

 

堅調な事業展開

 

サルティゴは、お客様との共同パートナーシップにより有益な関係を築いてきました。特にサルティゴの農薬事業は、会社設立以来10年間で総売上高の約75%を占めるまでに成長し、同事業は順調に推移しています。「2015年における世界の農薬市場の需要は鈍化したにも関わらず、サルティゴの農薬事業の一部においては、市場よりも速いスピードで成長しています。さらに、サルティゴは、設立以来、利益が大幅に向上しました」と、シュミッツは述べています。この好調な事業発展は、ノウハウと経験、独自の合成プロセス、幅広い技術と製品群に基づいています。「サルティゴのお客様からは、透明性、納期の信頼性、予定の順守、厳しいコスト管理を確保する私たちの高い効率のプロジェクト管理を大変評価して頂いています」と、シュミッツは述べています。

 

 

顧客志向と競争力性への注力

 

サルティゴは、設立以来、急速かつ持続可能な成長を実現するために、様々な基本的そして戦略的な施策を実施してきました。設立当初は、施設の閉鎖、人員整理、組織再構築が実施されました。最初の2年間だけで、サルティゴが多岐にわたる産業分野向けの市場志向の受託製造サービスを提供する企業に転換するために数百万ユーロが投資されました。その後、サルティゴのグローバル市場での競争力は向上しました。ここで重要なことは、農薬と医薬品を含む精密化学品の顧客分野に注力したことです。

 

 

価値創造への選択と投資

 

サルティゴは、2008年には自社の戦略を「成長への注力」に切り替えました。同年、サルティゴは医薬品適正製造基準(CGMP)の厳しい規制要求に準拠するため、活性医薬品成分および中間体を製造する超近代的製造プラントの建設に投資しました。このプラントは、すでに米国食品医薬品局(FDA)をはじめ、いくつかの監査を受け合格しています。

 

 

そのわずか1年後、農薬分野の重要なお客様と共に、約5,000万ユーロの投資プロジェクトをスタートしました。この後、2012年に、農薬分野を戦略的注力分野として位置づけ、特に、年間最大5,000トンという大規模製造プロジェクトに取り組みました。

 

 

2013年、サルティゴは、本社をランゲンフェルトからレバクーゼンに移転しました。それにより、統合された製造ネットワークに近接し、組織は一層スピードと柔軟性を備えることになります。同年、サルティゴはレバクーゼン拠点で固体単離ライン拡大のため、約2,000万ユーロを投資しました。

 

 

2015年、サルティゴは前年に設定した「Vision 2020」の取り組みを実施し、これを受けて、レバクーゼン拠点の中央有機合成パイロットプラント(ZeTO)の2つの新しい製造ライン建設などに約6,000万ユーロの投資を発表しました。この計画はすでに進行中で、建設は今年半ばに着工し、製造開始は2017年末の予定です。サルティゴ設立以来、この10年間で総額約3億6,000万ユーロが投資され、その内約3億ユーロがレバクーゼン拠点の統合された製造ネットワークに投資されました。

 

 

高い需要の「サルチジン」

 

虫除け剤の活性成分であるイカリジン(商標名「サルチジン®(Saltidin®)」)の最近の大幅な需要増(特にブラジルなど)を考慮し、サルティゴは、ドルマーゲン拠点の製造能力をほぼ倍増するために様々な措置を講じ、「サルチジン」の供給を確保しました。ブラジルで急速に感染拡大したジカウイルスは、胎児に先天性異常を引き起こす可能性が指摘されています。渡航が避けられない場合として、アメリカの疾病予防管理センター(CDC)は、妊婦、授乳期間中の母親に関しては、特に活性成分イカリジン含有の虫除け剤を推奨しています。

 

 

イカリジンは、世界中の多くのメーカーにおいて虫除け剤に使用されています。サルティゴは、今年2月半ばに、この製品の売上高が2015年度比で、50%増になるとの予測を発表しました。長期的に世界需要に対応できるように、サルティゴは製造能力のさらなる拡大のため近いうちに追加投資の計画をしています。

 

 

サルティゴのマネージング・ディレクター交代

 

2016年4月1日、サルティゴの歴史に新たな1ページを開くことになりました。サルティゴは、設立から10年目を迎える本日、トルステン・デア(ランクセスの経営委員会主導によりスタートした事業再構築プログラムにおける「コマーシャルとサプライチェーンの競争力強化の指針」の現責任者)が、サルティゴの新マネージング・ディレクターとして就任しました。2007年からサルティゴの経営を担い、41年間化学業界で従事してきたヴォルフガング・シュミッツは退職いたしました。就任にあたりデアは、次のように述べています。「サルティゴは、継続して農薬と精密化学品の受託製造において業界の主導的役割を果たしてまいります。私たちの専門性、柔軟性、革新的強み、そして実績あるプロジェクトマネジメントを活かして、お客様のために付加価値を創出し続けることで、サルティゴの市場ポジションを維持し、さらに拡大していきます」

 

 

 

#            #            #

 

 

 

これは、ドイツ・ケルンで3月18日に発表されたリリースをもとに、ランクセス株式会社が発表したものです。

 

この原文(英語)は、以下のURLにてご参照下さい。 www.press.lanxess.com

 

 

サルティゴについて:

 

サルティゴは、本社をドイツ・レバクーゼンに構え、レバクーゼンとドルマーゲンに製造拠点を置く受託製造の専門会社で、全世界に約1,200人の従業員を擁しています。特殊化学品メーカー、 ランクセスの完全出資子会社で、アドバンスト中間体部門(2015年度売上高: 18億2,600万ユーロ)に属し ています。農薬分野、医薬品分野など様々なライフサイエンス業界において、完全オーダーメイド のソリューションを顧客に提供しています。サルティゴについての詳細は、同社URLにてご確認下さい。www.saltigo.com(英語)

 

 

ランクセスについて:

 

ランクセスは、世界29カ国で事業を展開する大手特殊化学品メーカーです。2015年の総売上は79億ユーロにのぼり、全世界の従業員数は約 16,200人、世界中に52の拠点を展開しています。主な事業は、プラスチック、合成ゴム、中間体、特殊化学品の開発、製造とマーケティングです。ランクセスは、持続可能性に優れた企業を選定する「ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックス」のワールド・インデックス(DJSI World)および「FTSE4Good」の構成銘柄です。

 

ランクセスについての詳細は同社URLにてご確認下さい。

 

www.lanxess.co.jp

 

 

本件に関するお問い合わせ先:

 

ランクセス株式会社 コーポレートコミュニケーションズ

TEL : 03-5293-8005 FAX : 03-5219-9773

 

lanxess.japan@lanxess.com

 

 

免責について (Forward-Looking Statements):

 

このニュースリリースには、ランクセス経営陣による現在の仮定と今後の予測に基づく記述があります。既知あるいは未知の各種リスクや不確定性、その他の要素により、本頁に記載された予測と弊社の今後の総合売上高、財務状況、業績の数字が異なる場合があります。弊社は、ニュースリリースの記載事項を更新、もしくは今後の出来事や進展状況に合わせ、内容を変更する義務はないものとします。

 

 

その他の情報:

 

ランクセスのニュースリリースは www.lanxess.co.jp の”プレスリリース”項目よりご覧ください。また、役員およびその他の写真は webmagazine.lanxess.com (英語)

 

 

ランクセスのTwitter、Facebook、Linkedin、Youtubeの公式ページは下記サイトをご覧ください。

 

www.twitter.com/LANXESS_JP (日本語)