LANXESS worldwide

Corporate Website en | de

Asia

EMEA

Americas

Interactive Worldmap

Find all the contact information for the LANXESS sites worldwide

find out more
お問い合わせ

2019-05-20

ランクセス、製品開発にAIを導入

高性能プラスチックの開発スピードを加速

  • 高性能プラスチックの開発スピードを加速
  • 化学物質・素材人工知能(AI)プラットフォームで世界をリードするシトリン・インフォマティクス社と協力
ベルギーのアントワープ近郊カロに位置するランクセスのガラス繊維製造拠点(写真:ランクセスAG)

ドイツの特殊化学品メーカー、ランクセス(LANXESS)は、高性能プラスチックの開発においてAI(人工知能)を導入いたします。AIを導入することで、顧客固有の高性能プラスチックの開発において一層の強化を図り、新素材の開発時間を大幅に短縮できると期待しています。このため、ランクセスは米国に拠点を置く化学物質・素材人工知能(AI)プラットフォームを運営するAI企業、シトリン・インフォマティクス社と密接な協力体制を構築していくことになりました。

 

両社は、プラスチック製造におけるAI導入の可能性を評価することを目的としたパイロットプロジェクトに着手しました。多くの高性能プラスチックの強化材として、ランクセスが使用するガラス繊維の一層の最適化を図り、最終的には素材の性能を高めることを目的としています。

 

今回のプロジェクトにおいて、ガラス繊維のサイジングは、重要な役割を果たします。プラスチックの機械的性能を向上するために混入されるガラス繊維は、(繊維と素材の隙間を埋める)サイジングに覆われています。これによって、ガラス繊維がプラスチック母材と一層強力に結合し、結果として高性能プラスチックに求められる性能を確保することができます。ガラス繊維のサイジングを最適化するプロセスは複雑で、時間と労力を要します。ランクセスのハイパフォーマンスマテリアルズ(HPM)ビジネスユニットのグローバル製品および用途開発の責任者であるアクセル・タクレンスキーは、次のように述べています。「ランクセスは、AIを活用し、素材開発の際に最適な配合を導き出す時間を半分以下に短縮することを期待しています。これは、ランクセスのお客様に、より優れたカスタムメイドの製品を提供するだけでなく、製品化への時間を短縮することを意味します」

 

AIが配合を提案

従来の製品開発では、高性能プラスチックの製造においてガラス繊維のサイジングの複雑な配合と多数の変数には、広範囲にわたるテストが必要とされ、さらに、そのテスト結果を予想することも困難なものでした。こういった状況において、AIは入手可能なデータを最大限に活用することで重要な貢献を果たします。AIアルゴリズムは、過去の配合の数千の測定結果、原料情報、多数の追加データから導き出されます。AIアルゴリズムはテスト構成とパラメータを改善するために、予想モデルを計算し、個々のテストからの計測結果に基づいてこれらのモデルを向上し、それによって最適化された配合を提案します。この手順により、従来の方法より製品開発スピードを大幅に加速させることになります。

 

ランクセスの「デジタル化」への取組みの責任者であるヨーク・ヘルヴィックは、高性能プラスチック開発のパイロットプロジェクトはランクセスのAIの取組みのスタートにすぎないと考えており、次のように述べています。「人工知能はランクセスグループにおいて無数のデータから革新を創造するための不可欠な技術です」

 

ランクセスは、2017年に「デジタル化」への取組みに着手し、専門家からなる部門を設立しました。ヘルヴィックはチーフデジタルオフィサーとして就任し、ランクセスのCEOであるマティアス・ツァハトの直属の部門となります。この取組みはデジタルビジネスモデルの開発、バリューチェーンにわたる新技術の導入、ビッグデータの開発と活用、そして従業員にデジタルの専門知識を広めることが重要な要素となります。


シトリン・インフォマティクス社は、マテリアルズインフォマティクスと呼ばれる、化学物質・素材人工知能(AI)プラットフォームにおける業界のリーダーです。シトリン・インフォマティクス社のプラットフォームは、素材データおよびAIを最大限活用し、素材および化学品の開発を促進します。同社は、世界経済フォーラム(World Economic Forum)により「Tech Pioneer 2017」として技術革新で高い評価を受けています。さらには、Best-in-Biz Start-upの2018年最優秀賞に輝いています。シトリン・インフォマティクス社は、世界の優秀な大学数校(例えば、カーネギーメロン大学(ペンシルベニア州ピッツバーグ)やカリフォルニア大学バークレー校)と協力体制を構築しています。

 

#            #            #

 

 

これは、ドイツ・ケルンで58日に発表されたリリースをもとに、ランクセス株式会社が発表したものです。

この原文(英語)は、以下のURLにてご参照下さい。 http://www.press.lanxess.com

 

ランクセスについて

ランクセスは、世界33カ国で事業を展開する大手特殊化学品メーカーです。2018年の総売上は72億ユーロにのぼり、全世界の従業員数は約 15,500人、世界中に60の拠点を展開しています。主な事業は、中間体、特殊化学品、プラスチックの開発、製造とマーケティングです。ランクセスは、持続可能性に優れた企業を選定する「ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックス」のワールド・インデックス(DJSI World)、ヨーロッパ・インデックス(DJSI Europe)および「FTSE4Good」の構成銘柄です。

ランクセスについての詳細は同社URLにてご確認下さい。

www.lanxess.co.jp

 

本件に関するお問い合わせ先

ランクセス株式会社 コーポレートコミュニケーションズ

TEL : 03-5293-8005 FAX : 03-5219-9773

lanxess.japan@lanxess.com

 

 

免責について (Forward-Looking Statements)

本プレスリリースには、ランクセスの予測、見解、期待、そして第三者からの引用を含む、予測・予定事項の記述がございます。様々な既知あるいは予測不能なリスク、不確定要素、またその他の要因により、実際に発生する結果、財務状態、発展及び業績が、本資料に記載の予測・予定事項と大幅に異なる可能性があります。本資料に示される将来予測に関する意見の正確性や進展が実際に起こりえるかどうかに関しても責任を負うものではありません。ここに示されたいかなる情報、予測、推定、目標、意見に関して、明示的あるいは黙示的な表明や保証を行うものではありません。そのため、これらの記述につきまして、本資料の記載事項に全面的に依存されることは控えて頂きますようお願いします。本資料に示したいかなる脱漏、誤った記述に関しても責任を負いかねます。また、この資料を使用することによる直接的あるいは間接的に生じる事項に関して、ランクセスとその関連会社、役員、責任者、従業員は一切の責任を負いかねますので、併せてご了承いただきますようお願い申し上げます。

 

その他の情報

ランクセスのニュースリリースは www.lanxess.co.jp プレスリリース項目よりご覧ください。また、役員およびその他の写真は http://photos.lanxess.com(英語)より入手いただけます。ランクセスの動画および音声、ポッドキャストについては下記をご覧ください。http://globe360.net/broadcast.lanxess/(英語)

 

ランクセスのウェブマガジンは下記でご覧いただけます。

https://webmagazine.lanxess.com/ja/日本語

 

ランクセスのTwitterFacebookLinkedinYouTubeの公式ページは下記サイトをご覧ください。

http://www.twitter.com/LANXESS_JP(日本語)

http://www.facebook.com/LANXESS英語

http://www.linkedin.com/company/lanxess英語

http://www.youtube.com/lanxess英語

 

(2019-00029J)



  • Gallery