LANXESS worldwide

Corporate Website en | de

Asia

EMEA

Americas

Interactive Worldmap

Find all the contact information for the LANXESS sites worldwide

find out more
お問い合わせ

全てのクルマにはタイヤが必要!

「エコ投資回収率」とは?この用語は、「エコタイヤ」による消費者への経済的メリットを指します。

率直なところ、二酸化炭素排出量を削減すると、どれほどの金額を節約できるのでしょうか?

(: 自動車における5つの構造最適化分野)

 

新しい環境に優しいタイヤの方が当初コストがかかるかもしれませんが、タイヤはコストを削減するのに最適であるということが、新たな調査で明らかになりました。同調査はランクセスの依頼により、ミュンヘン工科大学が行ったものです。次の3点は、環境に優しいタイヤがなぜ金銭的メリットに大きな影響を及ぼすのかを説明したものです。

どの自動車にも直接の適用が可能

「エコタイヤ」とは、全ての新車両だけでなく、今日既に道路で走行している車両の全てに適用可能である、唯一の方法です。ドライバーは、活発的にタイヤの選択を影響することができます。ドライバーは、定期的にタイヤを交換しなければなりません。その他の構成方法の多くは、自動車を購入した後はそう簡単に変えることができません。

 

調査結果:
(投資に対する)エコ投資回収率は重要です。「エコタイヤ」にいずれかかる、潜在的な追加費用の償却時間は短時間です。「エコタイヤは」2万キロメートル走行後にコスト回収ができますが、自動アイドリングストップシステムの場合は、6万キロメートル走行して初めてその域に達します。

 

1ユーロの投資につき、エコタイヤは4.7キログラムの二酸化炭素排出量を削減しますが、自動アイドリングストップシステムは3.1キログラムしか削減しません。従って、消費者は、二酸化炭素排出量の削減に対して個人的に貢献することができるのです。

「エコタイヤ」の更なるメリットには、走行距離の増加とより長い耐用年数が含まれます。例えば、今日における高性能「エコタイヤ」の市場では、最大で40%の走行距離の改良が明らかになっています。*

  • 革新的な駆動列の例:自動アイドリングストップシステムは「エコタイヤ」と同程度の燃料消費を削減しますが、より高額なコストがかかり償却するのにより時間がかかるため、効率が落ちます。ハイブリッドの駆動列は、燃費に優れています。しかし、追加費用が高額で、償却時間が非常に長引くため、効率的ではありません。
  • 空力的な例:「エコタイヤ」と比べて車のアンダーボディのパネリングの方が二酸化炭素の削減には効果的かもしれませんが、これはどの車にも直接適用できるわけではなく、自動車を購入した後、ドライバーが必ずしも積極的にこれらの方法に影響を与えることができるわけではありません。

(図: 「エコタイヤ」の「エコ投資回収率」の比較<選択>

* 例: ミシュラン エナジーセーバー を大手の競合他社のタイヤにおける平均的性能の比較した場合

News

New study on Green Return

2012-11-01
ランクセスの新たな調査により、高性能タイヤへの「エコ投資」は短期間で回収可能との結果

ランクセス(LANXESS)は、「エコタイヤ」の装着が自動車走行時のコスト削減と環境保護において最も効率的な方法の1つである、という新たな調査結果を発表しました。