LANXESS worldwide

Corporate Website en | de

Asia

EMEA

Americas

Interactive Worldmap

Find all the contact information for the LANXESS sites worldwide

find out more
お問い合わせ

合成ゴムの歴史

興味深い合成ゴムの歴史は、100 年前に特許を取得したアイディアから始まりました。

1909 年、化学者フリッツ・ホフマンは弾力性のある物質であるメチルイソプレンの製造に成功し、合成ゴム開発への道を開きました。ホフマンは、「Elberfelder Farbenfabriken vorm. Friedr. Bayer & Co.」の研究室で研究をし、その会社の伝統は特殊化学品グループであるランクセスによって今日も引き継がれています。


その当時は、ゴムについてはあまり知られていませんでした。たとえば、化学者がこの弾力性のある物質の鎖状分子が無数のイソプレン分子繊維で構成されていることを発見したのは 1905 年のことで、当時はその情報をクロスリンクする方法を知る人は誰もいませんでした。ホフマンはそれに挑戦しました。「天然ゴムモジュール」イソプレンの製造は難しかったため、化学構造が非常に似ており、簡単に製造できるメチルイソプレンを使用してすぐに解決しました。ホフマンはこの原料をスズ製容器に入れ、加熱して待ちました。時には数か月も待ちました。適用温度に応じて、スズ製容器で製造した物質は柔らかくなったり、硬くなったりはしましたが、常に弾力性がありました。その結果、ホフマンはメチルゴムを発明しました。こうして 100 年前の、1909 年 9 月 12 日に、世界で最初の合成ゴムの特許が取得されました。


当時からすでに主要なゴム会社であったコンチネンタル社は、1910 年にこの新しい物質から最初の自動車用タイヤの製造を開始しました。ホフマンのボスであったカール・デュイスベルグは、そのタイヤで 4,000 キロを「パンクしないで」走行しました。ドイツ皇帝も自分の車にこのタイヤを装着し、その結果に非常に満足しました。

 

  • Gallery